うつ病の接し方で禁句ワードは?恋人だけでなく職場でも使える方法

この記事は4分で読めます

あなたの周りにうつ病の人はいますか?

もし親しい人がうつ病になってしまったら、
どう接したらよいかわからなくなって
しまうかもしれません。

うつ病の人はとてもデリケートで、
以前はなんでもなかった一言でも
傷ついてしまうこともあります。

今回は、うつ病の人への接し方
についてまとめてみました。

うつ病にはなっていなくても、
強いストレスや不安でふさぎ込んでいる、
という人への接し方の
参考にもなるかと思います。

Sponsored Link

うつ病の人への接し方

うつ病の人と接するには、
心理的に受け入れることが大切です。

患者本人は、多かれ少なかれ
現状に罪悪感を持っています。

会社や仕事を休むことになっていたり、
家の手伝いもできなかったりと、

傍から見れば怠けているようにも
見えることがありますが、決して
そうではないということ受け入れましょう。

早く治すように急かしたり、
しゃきっとするようにときつい言葉
かけたりすることで、本人は
どんどん追い詰められてしまいます。

うつ病であるというその状況に
一番苦しんでいるのは、
周りではなく、本人なのです。

今のあなたでいい

と認めてあげましょう。

また、

うつ病患者はデリケートなので、
大声で語りかけるのはやめましょう。

たかだか声のトーンくらいで、
と思うかもしれませんが、

神経が過敏になっているために
大声や強い声で話しかけることは
強い苦痛を与えてしまいます。

うつ病患者は人間不信に陥っている
ことも少なくないので、普段の
人間関係以上に配慮が必要です。

 

うつ病の人への禁句

次は、うつ病の人に言うべき
ではないことについてです。

あなた自信は何も感じなかったり、
元気が出る言葉だとしても、
うつ病患者には大きな傷を
つけることになる場合もあります。

 

励ましの言葉

うつ病の人に頑張ってと言っては
いけないというのは、よく知られていますね。

うつ病の人は、それまで頑張り続けて
疲れてしまってうつ病になる、
ということも多いのです。

それなのにそれ以上「頑張れ」というのは、
これ以上どうすればいいのか、
と感じさせてしまいます。

患者本人も、現状を
打破しようと頑張っているのです。

うつ病になりたくてなったわけでは
ないのですから、頑張らなくていいよ
と現状を受け入れてあげましょう。

 

責めるような言葉

  • 「いつ治るの」
  • 「本当に病気なのか」
  • 「怠けてるだけじゃないのか」

など、責めるような言い方は
患者を一番傷つけてしまいます。

うつ病の症状は、風邪などと違って
目に見えないことも多いので、

傍から見ればただ仕事や学校を休んで、
ごろごろしているだけのように
見えることもあると思います。

ですが、

今までずっと頑張ってきたうつ病の患者が、
必要な休息をとっているだけなのです。

もし責めるような言い方をされたら、
罪悪感でどんどん追い詰められてしまいます。

Sponsored Link

 

理解しているような素振り

  • 「くよくよしないで」
  • 「あまり落ち込まないで」

など、患者の気持ちを正しく
理解できていないのにわかったような
言い方をしてはいけません。

うつ病は、患ったことのない人が
思っているよりもずっと根が深く、
つらい病気です。

自分が同じ経験をしたことが
あるわけでもないのに

「つらいのはよくわかるけど、
気の持ちようでしょう」

などと理解しているような言葉を
かけられるのは、逆に苦痛を与えます。

共感できるところを共感するのは
大切ですが、理解していないのに
しているような素振りはやめましょう。

ただ、

理解しようとしている
ということを伝えるのは良いことです。

 

解決しようとする

  • 「今後どうしよう」
  • 「○○をしてみたら?」

など、解決させようとする
言葉をかけてはいけません。

何かをしてみたらどうかと提案されても、
本人は何をするにも気力がわかない
ほどに心が消耗しています。

提案されてもできない、という事実が
重荷になってしまうこともあるのです。

うつ病の人は、この先どうしたら
よいのかわからずもがています。

その本人に「今後どうしよう」と言っても、
答えが出ず、答えが出ないことに対しても
自分を責める結果となってしまうのです。

助けになりたいと思うのなら、

「何かできることがあれば言ってね」

と、相手のペースに合わせましょう。

 

伝えるべき言葉は

うつ病の人は、自分はダメな人間だと
攻めつづけてどんどん
ネガティブになっていきます。

もし、

患者本人が何かをうまくこなしたり、
あなたが嬉しいことや助かることを
してもらったときには、

褒めてあげたり
感謝の気持ちを伝えましょう。

ちゃんと助けてもらっていること、
ここにいて良いということを
伝えるのはとても大切です。

 

まとめ

うつ病の人と接するのは、
とても難しいことで、面倒だと
感じることもあるかもしれません。

ですが、

一番苦しんでいるのは患者本人であり、
常に自分を責めながら病気と闘っています。

優しく手を差し伸べてあげられたら良いですね。

うつ病の家族に役立つ記事一覧

今回も最後までお読みいただき
ありがとうございました。

あなたの悩みが少しでも改善しますように。

【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっとよろしくね~!

うつ病の改善に役立つ情報を発信していきます!

トラ男のブログは今何位?

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【うつ改善法】人気NO1

うつ病の根本的な原因から対処するので、
再発も阻止することができる改善法!

201009152129442d3

うつ病改善2か月間プログラムのレビュー

【食事療法】人気NO1

うつ病だけでなく、
あらゆる精神疾患に効果的な
最先端の食事療法プログラム!

201009152129442d3

【荒木式】うつ病の食事療法レビュー

【うつ・不眠症サプリ】人気NO1

日本とアメリカで特許をとっている
「水溶性低分子キトサン」

人体に副作用や害がないことが
研究で明らかになってるので、
薬と併用しても安全なサプリメント!

201009152129442d3

ヌーススピリッツのレビュー

【家族の支援】人気NO1

突然の身内の方のうつ病宣告で、
どう向き合っていったらよいかが
分からない方にオススメ。

家族への対応マニュアルレビュー

【睡眠グッズ】人気NO1

多くのメディアに取り上げられており、
多くの芸能人やスポーツ選手も
愛用している安眠枕。

六角脳枕のレビュー