ストレスによる動悸で眠れない!うつでも緊張を抑える方法

この記事は2分で読めます

眠ろうとして横になると
自分の心臓の動悸が激しくて
なかなか眠れないことがありませんか?

心臓の脈が早い状態は
ストレスによって
引き起こされる
こともあり、
眠れない原因にもなります。

一方では、
動悸が激しい症状に隠れる
病気もあります。

ストレスから起こる動悸なのか、
それとも他の病気が原因なのか、
探ってみましょう。

眠れない悩みを解決するヒント
だけでなく、うつ病にも効果的なことが
そこに潜んでいるかも知れませんよ。

Sponsored Link

動悸が激しくなる原因

心臓が脈を打つ早さは
安静時と運動時では全く違います。

誰でも運動した時には脈が早くなるのですが、
心配なのは安静にしている時でも
心臓の動きが早くなることです。

安静時に動悸が激しくなることを
頻脈性不整脈といいます。

1分間に60回から80回
規則的な脈拍が正常時ですが、

安静にしているのに
1分回に100回を超える脈拍
頻脈性不整脈です。

yjimage

頻脈がある場合、まず考えられるのが
心臓に問題があるケースです。

心臓に問題がないのに動悸が激しい
頻脈の症状が出る病気もあります。

代表的な病気が甲状腺機能亢進症です。
バセドウ病とも呼ばれる甲状腺疾患で、

新陳代謝が異常に
活発になる病気なので、

安静にしている時も
激しい運動をしている時と
同じような身体状態になります。

このような身体に原因がある動悸の他には
うつ病や適応障害、パニック障害など、
精神的な病気が原因で起こることもあります。

 

ストレスで起こる動悸

動悸が激しくなる病気には
心の病も大きく影響します。

それはストレスが自律神経を
大きく左右する
からです。

例えば、

運動していないのに緊張したり、
強い怒りなどストレスを感じた時は、
心臓がドキドキすることがあります。

Sponsored Link

yjimage

これはストレスによって自律神経の
交感神経を活発にするからです。

交感神経は活動的になる時に
必要な神経ですから、

強いストレスによる交感神経の刺激は
動悸となって表れるのです。

交感神経を静めて、
眠くなるために働く
副交感神経を優位にしなければ

動悸が治まらず、
眠れない状態が続きます。

強いストレスを感じた日は
気持ちをリセットして
交感神経と副交感神経が
上手く入れ替わる
ように
リラックスできる状態を作りましょう。

・眠る時間の2時間くらい前に入浴する
・温かい牛乳を飲む
・首とお腹を温める
・スマホやパソコンの画面を見ない

副交感神経にバトンタッチさせるために
効果のあることです。

関連:リラックスに役立つ記事一覧

yjimage

心臓の鼓動がドキドキしている時には
ぜひ試してみてください。

 

まとめ

ストレスを感じた時に
脈が早くなるのは
カラダの自然な反応です。

しかし、動悸が激しくて
眠れないほど続いてしまうことが
度々起こるような状態は心にも
大きな負担をかけてしまいます。

心臓にも大きな負担になることなので、
気持ちの切り替えを上手くできるように
自分なりのスイッチを見つけ出してみましょう。

うつや不眠症に役立つ記事一覧

今回も最後までお読みいただき
ありがとうございました。

あなたの悩みが少しでも改善しますように。

【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっとよろしくね~!

うつ病の改善に役立つ情報を発信していきます!

トラ男のブログは今何位?

Sponsored Link

関連記事

Sponsored Link

【うつ改善法】人気NO1

うつ病の根本的な原因から対処するので、
再発も阻止することができる改善法!

201009152129442d3

うつ病改善2か月間プログラムのレビュー

【食事療法】人気NO1

うつ病だけでなく、
あらゆる精神疾患に効果的な
最先端の食事療法プログラム!

201009152129442d3

【荒木式】うつ病の食事療法レビュー

【うつ・不眠症サプリ】人気NO1

日本とアメリカで特許をとっている
「水溶性低分子キトサン」

人体に副作用や害がないことが
研究で明らかになってるので、
薬と併用しても安全なサプリメント!

201009152129442d3

ヌーススピリッツのレビュー

【家族の支援】人気NO1

突然の身内の方のうつ病宣告で、
どう向き合っていったらよいかが
分からない方にオススメ。

家族への対応マニュアルレビュー

【睡眠グッズ】人気NO1

多くのメディアに取り上げられており、
多くの芸能人やスポーツ選手も
愛用している安眠枕。

六角脳枕のレビュー