認知症とアルツハイマーの違い!症状と病気で判断しよう

この記事は2分で読めます

物忘れがひどくなるような症状として、
一般的に言われているのは認知症
アルツハイマー病ですね。

あなたも、一度は耳にしたことがあると思います。

ところで、この二つにはどのような
違いがあるのかご存知ですか?

Sponsored Link

認知症とアルツハイマー病の違いとは

アルツハイマー病と認知症は、
よく同じものだと思われがちですが、
実は違うのです。

正しくは、

アルツハイマー病はその名前のとおり「病気」で、
それによって引き起こされる「症状」が認知症なのです。

認知症は、前述した通り
正確には病名ではありません。

認識したり、判断したり、記憶したりといった
知的機能が低下してしまい、自分ひとりで
生活するなどが困難になり、社会生活に
支障をきたす「状態」のことを指します。

その認知症の原因の一つが、
アルツハイマー病という「病気」です。

アルツハイマー病が原因で起きる認知症は、
正しくはアルツハイマー型認知症
呼ばれています。

 

アルツハイマー病とは

アルツハイマー病は、記憶や思考に
障害が生じてしまう脳の病気です。

65歳以上で発症することが多く
ゆっくりとではありますが、
確実に症状が進行していきます。

男性に比べ、女性の方が
発病率が高いとされています。

もともとアルツハイマー病は、
65歳未満で発病するものだと思われていて、
高年齢者の障害とは別のものとされていました。

しかし、

脳内に怒る異常に共通点が多く見られたため、
両方をまとめて「アルツハイマー病」
呼ぶことになったのです。

今では、

  • 65歳未満は早発型
  • 65歳以上は晩期発症型

というように、
大きく2つに分けられています。

この病気は、脳の萎縮が原因で
起こる病気と考えられています。

脳の障害は、実際に症状が発現する
10年以上前から始まっているとみられていますが、
はっきりとした原因はまだ解明されていません。

Sponsored Link

アルツハイマー病の初期段階は「健忘期」と呼ばれ、
記憶障害(物忘れ)から症状が始まります。

しかし、

次第に症状が進行し、中期の「混乱期」に入ると、
時間や場所、更には人の認識にも
障害が起こってきます。

そうして末期の臥床期になると、
身体機能が衰えていって、
介護してもらわなければ、
生活もままならなくなってしまいます。

 

アルツハイマー病の治療

アルツハイマー型認知症の治療は、
投薬が中心です。

現在はまだ根本的な治療法が見つかっておらず、
症状を一時的に改善させて
進行を遅らせるための薬です。

年々患者が増加していますが、
治療への満足度は一番低いとされています。

しかし、

発症や進行に複数のタンパク質が
相互作用して関わっていることが
明らかになりました。

今後、更に多くの治療薬が、
作られることを期待していきたいですね。

【認知症について】

 

まとめ

親や兄弟、もしかしたら自分が、
このような病気に悩まされる日がくるかもしれません。

その時のためにも、少しでも
病気の解明が進んでいくと良いですね。

今回も最後までお読みいただき
ありがとうございました。

あなたの悩みが少しでも改善しますように。

【ブログランキング登録しています】

あなたの応援が励みになります♪
ぜひポチっとよろしくね~!

うつ病の改善に役立つ情報を発信していきます!

トラ男のブログは今何位?

Sponsored Link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Link

【うつ改善法】人気NO1

うつ病の根本的な原因から対処するので、
再発も阻止することができる改善法!

201009152129442d3

うつ病改善2か月間プログラムのレビュー

【食事療法】人気NO1

うつ病だけでなく、
あらゆる精神疾患に効果的な
最先端の食事療法プログラム!

201009152129442d3

【荒木式】うつ病の食事療法レビュー

【うつ・不眠症サプリ】人気NO1

日本とアメリカで特許をとっている
「水溶性低分子キトサン」

人体に副作用や害がないことが
研究で明らかになってるので、
薬と併用しても安全なサプリメント!

201009152129442d3

ヌーススピリッツのレビュー

【家族の支援】人気NO1

突然の身内の方のうつ病宣告で、
どう向き合っていったらよいかが
分からない方にオススメ。

家族への対応マニュアルレビュー

【睡眠グッズ】人気NO1

多くのメディアに取り上げられており、
多くの芸能人やスポーツ選手も
愛用している安眠枕。

六角脳枕のレビュー